在留資格認定証明書交付申請書の写真

在留資格認定証明書と在留カードに利用される重要な写真です

在留資格認定証明書交付申請をする際の申請書には写真を貼付しますが、

この写真は許可時には在留資格認定証明書の写真として利用されるだけ

でなく、上陸時に交付される身分証明書(ID)としての在留カードの

写真としても利用されます。

 

在留カードの写真として利用されるわけですので下記のように細かな条件

が定めれています。

条件を満たさない写真では受理されないためご注意ください。

在留資格認定証明書の写真として認められるための条件

 写真のサイズ  縦 4cm ×横 3cm 

 写真の枚数 1葉

 申請人本人のみが撮影されたもの

 提出日前 3月以内に撮影したもの ※入管HPが3月以内としています。

 写真の内寸(顔・頭部の位置)

  入管法施行規則別表に規定する写真の各寸法に適合するもの

  (写真全体に対する顔の大きさ、中心位置、上部余白の各寸法)。

 無帽で正面を向いたもの

  宗教上又は医療上の理由により着用物がある場合、当該理由に係る陳述書

 (任意様式)を記載すること。

  ただし、顔を覆う部分が大きく、同一人性の確認の妨げになるものは認めら

  れない。

 【コメント】イスラム教の女性が被るヒジャブ(スカーフ)などがこれに

  該当します。

G 背景(影を含む)がないもの

  宗教上の理由等により着用物がある場合、顔の上に影がないこと。

  背景は無地(単色)であればよく、色はとくに指定されない。

 鮮明であること

  写真の焦点が合っていること。

  しみ、汚れ、ステープラーの針または穴等がないこと。

  デジタルカメラで撮影されたものは写真の解像度が適切であること。

  写真紙を使用した写真であること。

在留資格認定証明書
在留カードの写真にも利用されるので条件が厳しいです。

この記事を読まれたかたは、在留資格認定証明書の制度全般についてのこちらの記事も参考にしています。

>>在留資格認定証明書


弊社料金

在留資格認定証明書

お問合せ

在留資格認定証明書

姉妹サイト